自分の着物について知っておくと良いです

着物に関する知識を持とう

日本の民族衣装である着物は、デザインが美しいので注目度が高いことで知られています。けれど、着物はさまざまな種類がありますので注意が必要です。振袖は未婚女性の第一礼装ですから、既婚者が身につけることは避けましょう。既婚者の第一礼装は留袖もしくは訪問着や無地です。家紋を入れた訪問着や無地ならば、留袖と同じくらい格式が高くなります。結婚式などの冠婚葬祭の場で着用する場合には、着物の種類について気をつけましょう。また、小紋は気軽な外出着ですが、江戸小紋は格式が上がります。身につける前に小紋の違いを十分に把握しておくと安心です。尚、夏は単衣、冬は裏地がついている袷を着用します。季節感に考慮しながら着物を選ぶことが大切です。

着物を手放したい時は

今後も袖を通す予定がない着物を手放す時は、処分ではなく専門の業者に買取を依頼しましょう。振袖などの第一礼装は人気がありますので、高額で売却することができます。高名な作家が手がけた着物も貴重ですから、高額買取の可能性があります。和装バッグや草履などの小物も買取の対象になっていますので、部屋の中をすっきりさせたい方におすすめしたい方法です。けれど、買取を受け付けている業者はたくさん存在していますので、慎重に選択しましょう。必ず着物の見積もりを申し込んで、正しい価値を知ることがポイントです。見積もりは無料ですし、宅配や出張による買取システムを利用することができます。そのために、全国どこに住んでいても買取を申し込めます。

© Copyright Vintage Kimono Fabric.All Rights Reserved.